エッチの挿入時が激痛で痛い理由や原因は?気持ちよくないしイケない?

gahag-0043294556

こんにちは!ミィです。

BBCのニュース記事で気になるタイトルを発見しました。

「女性のオルガズムを治療する専門医たち」

これは同じ女性として見逃すことはできません!
記事には女性器の痛みで悩んでいる方の話から
女性のオルガズムの違いはどのようにして発生するのか・・・
などなど興味深い内容でいっぱいでした。

早速紹介しますね。

挿入が痛いのは病気のせい?

BBCの記事でまず最初に書かれていたのはある女性の体験談でした。

12歳で初めてタンポンを使った時に
ギザギザのナイフを入れるような痛みを経験したというのです。

20代になり病院で診てもらったが健康にも問題がなく、精神的なものだと判断されてしまった彼女はそれからも痛みに苦しみ続け・・・性行為は想像を絶するものだったと思います。

彼女は20名以上の医者を渡り歩きようやく自分の痛みの原因を突き止めます。

先天性神経増殖性慢性外陰部痛

「先天性神経増殖性慢性外陰部痛」初めて聞く方が多いと思います。
もちろんミィも初めてです。

彼女の場合、女性器の開口部に走る神経終末が通常の30倍もあったそうです。
その為、挿入すると焼かれるような痛みを感じてしまうのだそうです。
治療法としては、女性器の開口部の皮膚をぐるりと切除するというもの。

治療後、彼女は初めて痛くないセックスを経験できたそうです。

神経の状態で感じ方が変わる?!

先ほどの女性の件は、珍しいケースで一般的ではないそうです。

神経って侮れないですよね。
ちなみに男性器周辺の神経の状態は完全に把握されているそうです。
しかし女性器については今まで確かな情報がありませんでした。

ニューヨークの産婦人科医、デボラ・コーディ医師が専門の外科医と組んで、自ら女性器周辺の神経の状態を調べてみたところ、興味深い知見が得られたというのです。

女性の神経状態は千差万別

「外陰部の神経の分かれ方は、完全に人それぞれで、まったく同じということはなさそうだと分かった」とコーディ医師は言う。

「枝分かれした神経が体内にどう張り巡らされるかによって、敏感な箇所が違うなど、女性ひとりひとりの性のあり方が変わってくる」

オルガズムが起きるためには、外陰部の神経の機能が最も重要だ。この神経が、性器と、触感と圧力と性行動とを結び付けて脳に刺激を与えるからだ。
コーディ医師はさらに、性器部分の5つの性感帯(クリトリス、膣の開口部、子宮頚部、肛門、会陰部)に走る神経終末の数は、女性によって異なることを発見した。

「クリトリスの方が敏感な女性もいるし、膣の開口部の方が敏感な女性もいるのは、このためです」とコーディ医師は言う。

出典:BBC NEWS JAPAN

女性の神経状態は千差万別・・・ということは
女性によって感じる場所も様々ってことですよね。

雑誌に載っているH特集やアドバイスというのも
多数の人が当てはまったとしても
全員ではないという事を男性も女性も知っておいた方がいいかもしれませんね!

女性博士が俗説を否定

テキサス州オースティンのテキサス大学のシンディ・メストン博士はオルガズムを研究しているそうです。
従来「セックスとはリラックスして行うのがよい」とされてきました。

しかし博士の研究によりこの俗説が否定されることとなります。

女性の快感には交感神経の働きが大切

「女性は活発になってる方がいいんです」

「だから、パートナーと一緒にその辺を走って、追いかけまわしてもらったり、一緒に怖い映画を見たり、ジェットコースターに乗ったり。面白いお笑いを一緒に見るのもいいかもしれない。本当に面白くて大笑いしていれば、交感神経が反応する」
交感神経が反応すると、無意識に筋肉が収縮し、心拍や血圧が変化し、跳びあがったり戦闘態勢に入ったりできるようになる。
セックスの前にこの交感神経系が活性化されれば、女性はより速く、強く反応できるようになると、メストン博士は発見した。

出典:BBC NEWS JAPAN

軽い運動をしたり、驚いたり、思いっきり笑ったり・・・
ドキドキすることや興奮することで交感神経を活性化させればいいという事でしょうか。

Hする前に少し意識してみるといいですね(*^-^*)

男性の体と女性の体の動きなどはあまり変わらないものとされてきたそうです。
しかしメストン博士の研究でそれが違うという事が明らかになってきました。

女性の体にはまだまだたくさんの謎があり、きちんと理解されていない事も多いそうです。

もっともっと研究を進めてほしいですが、
「女性の性」を研究するには周りからの理解を得にくく
研究の為の予算を獲得するのも難しいのが現状なんだそうです。

女性の体をもっと詳しく、正しく知ることはとても大切な事だと思うし
こういった研究によって救われたり、もっと輝ける女性は増えると思います。
多くの女性が前向きになれるという事は、社会的にも大きな意味を持つのではないでしょうか。

今は厳しい状況かも知れませんが、
メストン博士をはじめ研究されている方々を心から応援しています。

まとめ

いかがでしたか?

私たちの体の感じる部分には
神経終末が大きく関わっているなんて初めて知りました。
しかもそれが女性によって様々なんですね!

クリトリスが感じるのも中が感じるのもアナルが感じるのも・・・
先天的に違うという事になりますね。

もちろん、女性はメンタルでさらに感じることもできますし
ひとりHなどのトレーニングで未開発の性感帯を発掘することもできますよ。

自分の体の事、知らないより知っている方が絶対にいいと思います。
研究がもっと進んで女性の体の謎が明かされる日が楽しみですね(*´艸`*)

 

ひとりエッチで感じる感度を磨こう!
ひとりエッチのやり方は?初めてでも簡単にできる方法を知りたい!

自分も知らない性感帯を見つけちゃうかも?
女性の性感帯は意外な所にもあった!彼や旦那にどう伝える?

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ミィ

エッチな内容を堂々と扱っていますが3児の母だったりします。 そして旦那さんが大好き♪ 隙間時間でTLコミックやハーレクインコミックを読み始め、コミックRenta!では無期限レンタル数700冊を越えました。このサイトで紹介しているものは個人的に買ってよかったものばかりです。これから読み始める方やオススメを探している方の参考になれば嬉しいです♪